注文住宅における収納について、理想の注文住宅が完成したのは良いのですが、せっかく作った収納が使いにくいと言う不便な状況があります。

そこで、注文住宅での収納につきまして、完成後によくある不満としましては、高い所に扉が多くあって届かないと言うケースや、忙しいキッチンでの合間に、踏み台を使って、登ることが面倒と言う主婦の方もおられますので、やはり事前のシュミレーションが非常に重要であると思わさせてくれる部分であります。

やはり、イメージしている状態では、自分自身の好き勝手な状況でイメージしてしまうと言うものでありますので、収納計画で失敗しやすいポイントである一つの防止策としましては、主婦の方で、舞い上がるのは良いことであるのですが、浮かれすぎずに冷静になって考えてみると言う内容が一つ挙げられます。

冷静になって考えみることで、ヒントが浮かびあがる形となりますし、建築士の方や工務店の方に相談できる内容でもありますので、まずは、舞い上がる気持ちは十分に分かるのですが、冷静になってシュミレーションしてみると言うのが非常に重要であると思いました。私自身も浮かれていて、人の話が全く耳に入ってこない、自分だけの世界をイメージしていることがありますので、まずは、冷静になって自分自身の家の収納スペースをもう一度見直してみることが大事であります。

また、積極的に活用されている収納スペースとしまして、パントリーがあるのですが、このパントリーとしましては、食品や調理器具等を格納するスペースのことで、デザイン性を考慮して、パントリー内に冷蔵庫を収納する家庭等もありますので、使う頻度は少ないけど、確実に使用する調理器具等を格納するスペースでありますので、主婦だけのスペースとしまして、ここのパントリーのスペースに、様々なアイテムを詰め込むことが重要であります。

パントリーのスペースに壁の収納スペースを作ってしまえば、ほぼ理想どおりに収納することが可能であると思われます。

おすすめ