私が注文住宅での収納について考慮している点につきましては、主婦として、取り出しやすい収納の場所を選ぶことであります。

取り出しやすい収納を意識する点で心がけている内容としましては、注文住宅におきましては、やはり、奥行きを意識する所であります。洗面台等の足元での収納場所につきましては、奥行きがありすぎますと、物を収納したことを忘れてしまうような感じで、奥行きが広すぎることでストックしておいた物を何年も取り出すことを忘れてしまったと言う状況が一度ありましたので、そう言った失敗談をもとに、注文住宅での収納を検討していけるのが一番良い状況であると思いました。

特に失敗する例としましては、キッチン収納につきまして、奥行きが深すぎた!と言う内容であります。主婦であれば、キッチンの間取りの中で足元の収納スペースを充実させたいと言うことはよく分かるのですが、奥行きがありすぎて、かがんで、這いつくばった状態で取り出さなければならない状況もありますので、奥行きを意識するのであれば、スライド式での収納スペースがあればより便利であると思いました。

また、マンションで生活する中で、普段生活し辛いなと思える場所につきましては、集合住宅等であれば、玄関の間取りであります。

逆に言えば一戸建てであるからこそできる玄関の収納スペースでありますので、広々とした玄関の収納スペースには大変憧れます。

玄関先での収納スペースでの失敗の実例としましては、ベビーカーの置き場所や、子供の野球バット、ボールまで収納できるスペースを作れば良かったという失敗談がありますので、多くの靴を収納できるシューズクローク等もあれば大変助かります。

やはり、玄関が解放的で収納スペースが快適であれば、圧迫感がなく、主婦としましては、大変憧れる間取りとなります。収納スペースで他にも充実させたい点としましては、屋根裏があれば、屋根裏のスペースにつきましても、活用して様々な収納グッズを収納できればと考えております。

おすすめ